05 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. >> 07

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

戦いまではまだ遠い…らしい【ソ・ラ・ノ・ヲ・ト】5-6話 


2010.02.16
Tue
01:41

  2009-10秋冬アニメ

小出しにされた作品世界の仕組みが判ってきたところで
ついに(ようやく?)任務に従事するシーンが来るかと思えば、
ぎりぎりのラインで回避される×2


5話では、前回めでたく機能回復した戦車を使用してのシミュレーション戦→
補給と指令を受ける→行軍訓練&古代の遺物の状況確認(=遠足)と、
筋だけを追えば結構軍人っぽい行動なんですが…
なんだかんだ言って最終的には温泉ノルマ達成回だった線も捨てきれない。

「伝説の」なんて言われてるらしいクラウス少佐(だったかな?)は渋いおじさまなので、
この国の軍隊の構成員が女性のみかもという私が勝手に抱いていた疑惑は消えました。
それと印象的だったのは、砦の乙女たちが代々目にしてきたというノーマンズランドの夕焼けシーンでした。
いざ「世界の果て」とか言われちゃうと、脳内にウテナの某キャラが登場して、大変なことになるわけですがw

だいぶ第1121小隊のキャラも見えてきたところで、あらためて考えると
どうやら私はノエルとフィリシアが気に入ってるもよう。
黒いところがいい」と言われちゃうほうも言うほうも、両方ナイスだと思います☆


とか思ってたら、6話小芝居きたー

初の給料日&非番でカナタが街へ出た隙に、副業(カルヴァドスづくり)の作業を始める隊員たち。
いざ取り引きの段階で中央から来たマフィアが値段にいちゃもんをつけてきたもんだから、
「持ちつ持たれつ」いい関係でやってきた街の顔役と一芝居うってみましたよ!
ここでもノリノリの、フィリシアとノエルが楽しかった。

…で、中央からのお客さんへとどめを刺した崖の上からの攻撃に関する謎解きが、後半という構成でした。

このあたり、ちょっと木更津キャッツ☆アイを連想させる流れだったなあ。
しかもあれに比べると、時間が行ったり来たりするうえに
テンポはいつものゆったり進行なので判りづらかったのが残念。
一番のポイントである「誰が攻撃したのか?」については、
謎解きを待つまでもなく声で判るから大きな問題じゃない…と言っていいものか。

それからこの回は、街の教会で養われている孤児の女の子の
成長もしくは再生の話でもあったわけですが、
戦争で使われたらしい「見えない死神」というキーワードが知らされます。
発症という言葉が使われていたし生物兵器みたいなものかとも思うんですけど、
それとも実は核兵器で、放射線被曝のことだったりするんだろうか??


まあ、そんなこんなで深くて暗い何かが間違いなく隠されてる気配ばりばりのまま
また次回へ持ち越されてしまいましたね。
この、焦らし上手め!


スポンサーサイト

thread: ソ・ラ・ノ・ヲ・ト / genre: アニメ・コミック

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

先々週と先週のあれこれ 


2010.02.08
Mon
03:44

  2009-10秋冬アニメ

といっても現在ソラノヲトと鋼FA以外に見てるアニメって、のだめ犬夜叉だけなんですが。


のだめフィナーレ
笑える作品だと認識しているせいで、今期はどうもギャグのキレが悪いな…
という不満があったんですけど今回は面白かった!

3話の、アクシデントに見舞われたおかげでヴィエラ先生と思いがけず巡り会っちゃう千秋には
なんという(君の名はとかラブソング的な)大河ラブロマンスのヒロイン…!
とかつっこんじゃったんですが、4話冒頭で弁解→酔い潰れるさまは、もはやオヤジでしたね。
(なんかセクハラまがいのことやってたしw)
まあ彼の場合、どっちにしろかわいいに落ち着いてしまうんですけど。

あと個人的に、執事さんのアフターフォローで再登場が嬉しかったです。
あくまで老人もえですみません(だが反省は…以下略)


中の人に対する聞き分けが致命的に悪い私ですが、
なんかルイの声は聞き覚えがあるような? と調べたら大原さんだったんですねー
アリシアさんとかミレイさんみたいなお姉さんキャラとはまた違った系統で、ちょっと新鮮だ。

そういえば以前「脚本がグレンラガンの人」って書いてしまいましたが、
脚本じゃなくてシリーズ構成だったみたいです。
うろ覚えで嘘情報流してしまって、すみません…。



犬夜叉完結編
(日曜朝に注力しすぎて…)年明け以来久々に見たら、爆砕牙の回でした。
なんかもう、自分の兄弟ネタに対するアンテナの精度が恐いです。。。

殺生丸はギャグすれすれなくらいに孤高でいてほしい願望があるので、
新たな刀、それも譲り受けたんじゃなく自ら作り出したってエピソードがよかった。
そしてここへ来て、邪見さまに萌えを感じつつあるんですけどどうしたら。


で、今回は現代に戻っての「かごめ受験奮闘編」でしたね。
ほとんど授業に出れてないんだろうに、ちょっと自宅学習を頑張って受験に臨めてしまうってすごいな…
途中受験票がない! って状況に陥ってもいましたが、
私はリアルに受験票を忘れたまま高校入試を受けた経験があるので
意外となんとかなるよ?」とか呑気につっこんでしまってました。

(しかし深夜帯の放送なのにキスすら未遂とは奥ゆかしいな!
 …それとも中学生だからとか、そういう規制が働いたんでしょうか??)

thread: 見たアニメの感想 / genre: アニメ・コミック

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

徐々に明かされてきました 【ソ・ラ・ノ・ヲ・ト】3-4話 


2010.02.02
Tue
02:42

  2009-10秋冬アニメ

キャラ造型には疑問を感じながらも、世界観と見せ方に興味を持ち続けていたソ・ラ・ノ・ヲ・ト
ここ2話で、ちょっとずつ設定が明らかになってきました。


3話では他の隊員が不在中、三日熱に罹ったカナタを懸命に看病しようとする
リオの姿を通じて、舞台となる国に根付く「教会」が示されます。
宗教の起源にありがちなとおり、教会は医療行為で信心を集めているらしい。
が、これまたよくある話で欲にまみれた教会側の人間のせいで
母を助けられなかった記憶に囚われているリオは、教会にいい感情を持っていない。

「辻占煎餅」って、直訳するとフォーチュンクッキーってことですよねえ。
でも書かれてる内容的には、おみくじに近いのかな。
そして話の筋とはまったく関係ありませんが、修道女のコスチュームがとても好みです。
洋風巫女衣装とでもいうか、ゆったりとした袖口の赤い縫取りが堪りません…!


あーただ、最後に出てきた戦車が奏でる曲はオリジナルじゃ駄目だったんでしょうか?

現代文明=旧時代という図式を暗示するためあえて使ったんだとしても、
もうちょっと手垢の付いてない「知る人ぞ知る」系の曲はなかったんですかね。
よりによってアメージンググレイスて!
それとも、曲にくっついてるイメージも全部ひっくるめての選択だったとか??

だけど大英博物館以来の大島ミチルファンとしては、
作品のテーマでもある位置づけの曲だとしたら
ここはひとつオリジナルでかましてほしかったところです。



4話ではカナタとノエルの買い出しに沿って、
1話でもかるく触れられていたガラス製品の工場が登場。
同時に、「大公」の存在も話の端々にちらついてきます。
名称からして世襲職を思わせますが、その大公が国を治めているらしい。
また、工場に嵌められていたステンドグラスの図柄(聖母子像)から想像するに
教会の教えはキリスト教っぽいようです。

先輩のようにうまく吹けない」と悩みの淵にはまっていたカナタが悟りを開くシーンは
普段デジタル背景が苦手な私も引き込まれるほど、雲の流れが印象的でした。
岩山に響きわたる喇叭の音といい、まさしくタイトルにふさわしい演出だったのでは。
…まあ、あれだけ鋭い耳を持っているのに異能者の自覚がないように見えるカナタには、
天然にも程があるだろとツッコミを入れざるを得ませんが。


そして、なんとなく彼女たちの置かれた国の状況が見えてきたところで
今後は対する「敵」が提示されるのだろうかと予想してみたり。
戦争孤児がいて、軍人だという現実を突き付けられる描写もあったので、
実際に交戦する相手もある軍隊なのだということが解りましたし。
この国が和洋ミックスなだけに、敵国はどんな感じなのかちょっと楽しみです。


最後に、4話で個人的に一番衝撃的だった設定を>
ノエル…ボクっ娘だったんかー!

thread: ソ・ラ・ノ・ヲ・ト / genre: アニメ・コミック

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

いつかどこかで見た風景 【ソ・ラ・ノ・ヲ・ト】1-2話 


2010.01.14
Thu
09:31

  2009-10秋冬アニメ

ザッピングしていて先週の初回に当たり、背景画や世界観に加え女の子集団という設定が
灰羽シムーン好みのど真ん中に刺さったので、かなり気合を入れて見始めました。
新兵として配属された主人公の目を通し国境の町の風俗と伝承が自然と紹介される
いい導入だったので、さすがはテレ東&アニプレックスの本気企画だなーと今後を楽しみにしてたんですよ。


がしかし、2話目を見たら早くも期待がぐらつくという、まさかの事態に…

うーんちょっと、あまりにキャラが類型的で底が浅い気がする。
天然ピュアピュアな主人公と頼りになる姐さん系先輩ってだけでもパターンなのに、
先輩に懐いているせいで主人公へ反感を持つ年下の子やら物腰柔らかなお姉さん系隊長とかって。

で、今回の話で示唆された「砦は昔の学校跡」という情報にも、
なんか灰羽を思い出してしまい困ったというか。
これに関してはちょっとファンゆえのこじつけっぽいですが、
よく考えたら大戦で一度荒廃してまい文明が後退した世界も
女子だけで構成された部隊も、わりとよくある設定なんですよね。。。

タイトルにも「音」が入ってることから作品のキモと思われる音とアニメの融合にしたって、
マクロスとかラーゼフォンとか、けいおん! でも試みられてるから
すごく目新しいわけでもないし。


個人的な事情が入りますが、先週見たおおかみかくしでも
なんだか見たことのある設定&キャラの寄せ集めっぽくて残念だったので
(彩パパ@十兵衛ちゃんみたいな父に挫折する前のジュン@薔薇乙女な主人公だし、
おまけに話自体がひぐらしっぽいのは中の人やキャラデザや原案だけのせい?
あと委員長さんはちょっと美夕っぽいな←年がばれる感想)
なおさら悲しくなってしまったのかもしれません。


とりあえずは、このぼんやりながら拭いがたい既視感を吹き飛ばすような
オリジナリティーある展開が次回以降に飛び出ることを望みます。
それでこそ「アニメノチカラ」なる冠にふさわしいと思うので。

thread: ソ・ラ・ノ・ヲ・ト / genre: アニメ・コミック

trackback(1) | comment(0) | 記事編集

go page top

主に今週分をまとめて 


2009.12.27
Sun
04:18

  2009-10秋冬アニメ

うーん、2週あいての青い文学は微妙ファンタジーでした…。

蜘蛛の糸も地獄変も、舞台になる国の設定をちょっとこしらえてみましたって感じ?
あとはほぼ原作どおりの内容でオリジナル部分が少ないのは、
今まで大胆解釈で押してきたこのシリーズ的にどうなんだ。

特に、地獄変はわりと好きな話だったから残念です。
あの国王も、いかにもな典型的独裁者ってだけだしなぁ

ところでCMによれば、人間失格の映画ってアニメと実写の2バージョンが
並行して企画されてるってことなんですかね??
すごいな太宰ブーム…!



うわー!!
ていうか、今夜の犬夜叉さんは兄弟話ですよ!
やばい、これはガン見せざるを得ないーーー

というわけで、見終わりました…
ああもう、どこまでも誇り高くてそっけない殺生丸が素晴らしい。
ここの兄弟は殺伐としてるところにもえておったのですが、
なんか共闘フラグが立ってきましたねーそれはそれであり…かな?

それ以前に、弟のほうはそんなに兄へ悪感情がないっぽい(単に性格上、意地張ってるだけ)ことが驚きだった。
あれ、でも実はもともとそうだったっけ?? と昔の記憶をさらってみたり。



なぜか最終回だけ、なのはASをきっちり見てしまったのですが、
(設定を知らなかったため)最後のシーンで6年後なのに中3
だというところに大きな衝撃を受けました。。。
まさか、そこまでお子様だったとはー
いやしかし、小3やそこらで自分の進路を決定して中3になったら一人前に活躍してるって厳しい世界だな。



年明けに始まる番組では、今のところ視聴決定してるのって>のだめです。
今度の脚本は榎戸さんじゃないようなのが個人的に残念ですけど、たしかグレンラガンの人ということで
また新たな面白さがあればいいなと期待。

そしてアニメじゃないですが、映画CMで千秋の声が入るたびに「ひー結城!?」とか動揺してしまってましたw
思ったよりMWの後遺症が重かったようです…まあ、なにげに3回見にいっちゃったしなあ。

thread: 見たアニメの感想 / genre: アニメ・コミック

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

視聴計画メモ 


2009.10.14
Wed
02:07

  2009-10秋冬アニメ

最近あまぞんさんからのおすすめメールが混沌としてきて、我ながら怪しすぎる。

はじめは女子が目立ってるアニメばかり買ってたからか
萌え系で攻められてたんですが、欲望にまかせて手を広げた結果
歴史4コマとか人形本とか世界的プロ球技DVDとかロック/テクノCDまで
次々勧められているという…1人の趣味として散らかりすぎだ。
せめて中の人には、家族共用IDやらギフト用みたいに解釈してほしいものです。



久々復活の国営放送人形劇、12日からだったんですね。
また見逃しかよ>自分
と思ったら、土曜にまとめて再放送がある! 助かった…

人形劇で三国志にはまり、アニメ三銃士→原作に入ったら数々の衝撃を受けた
(コンスタンスとボナシューの関係とかミレディーの正体とかね)
身としては、いろんな意味で気になる番組です。
しかし、1回20分って短いなー
たしか三国志は、40分以上あったはずなんだけど。


あと、土曜の夜にチャンネル替えてたら犬夜叉に遭遇しました。
えらく深い時間でしたが、完結編ということで
かなり密度の濃い展開+主要キャラ総出演状態に目が釘付け。
今後もチェックせざるを得ない内容でした。

燃えを別にした個人的な萌えポイントは、あの兄弟だったりするんですけどね。
決して馴れ合わない関係も、またよし。


あとは、明日ささめきことを忘れないようにしなければ…!

thread: ヲタク人日記 / genre: アニメ・コミック

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。