07 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 09

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

盛り上がってきたー 第5話 哀しみの雨 


2009.05.05
Tue
23:48

  鋼の錬金術師

ニーナとタッカーの悲劇から、過去に犯してしまった罪の記憶を刺激され
自責の念に駆られるエド。雨の街で語り合う兄弟の前に、
国家錬金術師ばかりを狙う傷の男が現れる。


先週がよかったし、話の流れ的にもそのままいってくれるんじゃないかと
普通に期待していました。
間違いなかったよ、面白かった!


スカー登場からの盛り上がりは、やっぱり半端ないですねー

雨の日は無能」宣告きたー!
てか中尉、その足払いだと上官が大変危険な体勢になっちゃってますよ…
(一瞬、スカー×ロイかと焦ったんだぜ)
あらためて、この闘いの少佐は本気でかっこいいよなぁ

それから軍部の皆さんの連携ぶりも堪らない。
あの、軽口を叩き合いながらの信頼関係が大好きですv
でたらめ人間のびっくりショー」発言が懐かしかったよ(涙)


でも、なんといっても今回は兄弟のシーンがね…

なにやってるんだよ、兄さん…」から一気に畳み掛ける
釘宮さんの演技には震えた。
とどめの「バカ兄!!」もね、やっぱり大好きだ。

そして、がんがん張り飛ばされてるのに
必死に鎧のもとへ戻って言い聞かせる兄さんも、愛しいです。
スカーの前で覚悟を決めたときからしばらく、軍の助けが来てからも
ずっと固まったままだったところは、見ていてつらかったけど。。。


…というように、萌え&燃えさせてもらいました。
今までずいぶん考察というか批判めいたことを書いてきましたが、
本当はずっとこんな感じのテンション高い語りをやりたかったんで嬉しいです。
来週のリゼンブール帰郷もいい感じだとイイナ!

2話で兄弟が家を燃やすシーンがなかったけど、
OPでも印象的なカットとして使われてるよな
…と気にしてたら
次回で取り上げるみたいだし、また期待してます)


あ、ようやくエンヴィーも出てきましたねー
高山さんと聞いたときから間違いはないだろうと思ってたとおり、
達者に飛ばしてらしたんで今後も楽しみです。

リザの折笠さんは、これまで聞いたことがないほど低音域で新鮮です。
でもせっかくなんだから、もうちょっとナチュラルに高くても
いいんじゃないかと個人的には思います。

あと、2話で見逃してたんですが>
トリシャ母さんは鷹森さんで続投だったんですね!
ということは、ホーエンハイムも江原さんのままかもって期待できそう?
あーでもヒューズとグレイシアさんの例があるから、まだ安心できないか…




最後に、これは純粋な疑問なんですが、、、
今シリーズは風景(特に街)の彩度を故意に落としてるんでしょうか?

前のシャンバラでは、扉のこっち側の色彩がちょうど同じ感じでしたけど
アメストリスのほうは普通に鮮やかでしたよね。
でも前を踏まえてというよりは、FA独自のこだわりの一つなのかな。
デジタルっぽさ全開な鮮やか背景よりも、
少しくすませたほうが名作にふさわしい重厚さが出る、とかの。

深読みしすぎかもしれませんが、今シリーズに関してはそういう
正統派」に対する強いこだわり
みたいなものを感じることがあるので、
ついつっこんでしまいました。
スポンサーサイト

thread: 鋼の錬金術師 / genre: アニメ・コミック

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

やっぱり見入ってしまうなー 


2009.05.01
Fri
22:49

  鋼の錬金術師

ふと思い立って、部屋の片付けをしながら流し見ようと
買ったままチェックしてなかったシャンバラ限定版の特典映像をつけたんですよ。

最初に見た監督が語るメイキングトークのナレーションが藤原さんで、とにかく驚いた。
今まで何年も死蔵してきたディスクに、こんなものが入っていたとはー!
ふおおお…(落ち着け)


そして、オーディオコメンタリー(キャスト版)なのに
見ていてうっかり泣きそうになる自分てば。

だってあの、パパが出てきてから(朴さん説)の盛り上がりはとんでもないと思うんだ。
テレビシリーズの時も決して落ちない終盤のテンションがすごかったけど、
まさしくその再現で涙腺の耐久度を試されてるような状態。
終わり方は、たしかに言われてみれば「誰も幸せになっていない」んですが
べつに鬱エンドじゃなくて、それぞれに決着をつけた納得できる形になってるし。


あーしかし、中の人たちの各キャラびいきな発言は面白かったな!
身長コメントに超敏感な朴さんとか、とにかくアル&鎧に反応する釘宮さんとか、
あとすごい勢いでノーアに嫉妬してる豊口さんが可愛かったー

それから、他の中の人話も聞けて楽しかったと同時に(入れ替わった方もいたので)
もっと早く聞いておけばよかったと激しく後悔もしたり。
個人的には江原さん天然説が面白かったので、
ホーエンハイムのキャストがまた気になってきた。



アニメ版の内容についても、今更ながらいろいろと興味深かったです。

前期アニメは作品自体がとにかく好きで、
テレビシリーズ~映画版と私の中ではきれいに終わってることもあり
制作側のコメントとか付随情報をほとんど入れてなかったんですが、
BSアニメ夜話」をきっかけに後追いしてます。


以下、前シリーズと原作との関係についてとか今頃語ってます↓


read more..

thread: 鋼の錬金術師 / genre: アニメ・コミック

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

前情報が福となる? 第4話 錬金術師の苦悩 


2009.04.27
Mon
01:35

  鋼の錬金術師

東方司令部に戻った兄弟は、リオールでの経験から生体研究へ興味を示す。
借りを作りたくない」とうそぶく大佐から紹介された綴命の錬金術師
ショウ・タッカーの家には、一人娘のニーナと飼い犬アレキサンダーがいた…


錬金術という力が存在する空想世界なんだけど、
決してそれが万能な「魔法の」力ではなくて
一定の法則により成り立つがゆえに、枠を外れてしまった者へ
降り掛かる悲劇が重くのしかかってくる…というある意味リアルな、
鋼錬ならではのテーマが解りやすい形に集約されたエピソードです。

あらすじ自体がかなりショッキング&シリアスな話なので、
ここをどう見せてくれるかがひとつの分かれ道になるな
勝手に思っていたんですが、今回は入り込んで見れました。


本物の天才を目の当たりにした直後に査定という現実を突き付けられ、
無邪気な娘の励ましにますます追いつめられる、、、と悪循環にはまってしまった
タッカーの、凡人としての辛さとか心の弱さがよく描かれてたと思う。
(してしまったことが許されない所業だ、というのは別にして)

たぶんサブタイ(錬金術師の苦悩)からして狙ったんでしょうが、
ニーナの悲劇のほうがクローズアップされてた前シリーズ(合成獣が哭く夜)とは
違う切り口に挑戦して、今回は成功したんじゃないかと。

あとは、演出がだいぶドラマチック寄りに盛り上げていたせいもあるのかな。

終盤、落ち込む兄を叱咤する大佐@階段のところって
予告CMで結構使われてましたよね。
ああ、この場面だったのか…としんみりしてしまった。

そういやバレシーンはホラー並みだったって妹から感想メールが来たんですけど、
そもそもこのエピソード自体がホラーだよね…タッカーてば登場時点で
すでに「踏み越えちゃった」人なんだし。
うーん、とすると今更ながら鋼錬も、この時間に適当な番組なのか
いまいち疑問が湧いてくるかもしれないなぁ

この枠に関しては、もう本当に「今更」かもしれませんが。


というふうに、戦々恐々の気分で待ち構えていた自分乙という感じで
今回は心配して損したなーと苦笑です。
まぁもしかしたら今回の評価って、前シリーズとかの前情報が
頭に入った状態で見たからこそ納得できたのかもしれませんが。
だとしても、先週は同じ前提で比較→微妙って結論になったことを思えば
全然いい兆候なんじゃないかと前向きに捉えてみたり。
(再アニメ版だけを見て理解できるのか、とか
どうも今のところ奇数回がいまいちで偶数回は持ち直す状態になってる、
とかの不安要素はまだありますが)

前回目についた描き込み不足とかも、今回は気にならなかったです。
あ、ただ妙に兄さんの目が大きい&華奢になってたのにはびっくり。
そのせいか、なおさら前シリーズを思い出してしまった。

話の内容的に子どもっぽさを強調したのか? とも考えたけど、
大佐もわりと細かったんだよね。。。
今シリーズのキャラデザのポイントって兄さんの体格じゃないかと
勝手に信じてた私には、ちょっと衝撃でした。


今後につながる部分としては、スカーが登場しましたね。
中の人が変わったという情報は直前に仕入れてたんで
がっかりせずに済んだんですが、予想ど真ん中の渋さだった!w

まー前みたいなオリジナル設定の青さがなくなるんでしょうから、
もうちょっと頑固な迷わないテロリスト系になるんですかね。
しかし、そういうキャラの路線変更によるキャスティングって考えると
ホーエンハイムがどうなるのか、かなり興味が出てきた。

他にも軍部まわりで初登場のキャラが多かったですけど、
ほぼ全取っ替え状態でしたねー

まず、ハボックが替わっていたことが地味にショックだった。
ロスさんも替わったんだなぁとぼんやり思ってキャストを確かめたら、
名塚さんだったんでものすごく驚いた!
だって斎賀さんとは、極端にいえば真逆な声質じゃないですか。
少尉も、前とは違う路線でいくってことなんですかね??


声のチェンジという話でいえば、
今回ヒューズ&アームストロング&ブラッドレイのシーンを見てて
この3人だと残留グループでしっくりくるな」と腑に落ちました。

今までヒューズのことを、ロイとの会話シーンを軸に考えてたから
片方だけ替わると据わりが悪いなぁ」って微妙に感じてたんですけど
中央にいる軍部ってくくりで考えれば、全員そのままでいいんだ。

なるほどねーいろいろ深いぜ。
でもそれなら、グレイシアさんも琴乃さんで続行してほしかった…!
などとわがままを呟いてみる。

thread: 鋼の錬金術師 / genre: アニメ・コミック

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

不安ばかりが増してゆく 第3話 邪教の街 


2009.04.20
Mon
01:49

  鋼の錬金術師

「奇跡の御業」により、リオールの街で絶大な支持を集める教主コーネロから
法則無視を可能にした力の源泉を問い質すため、教団内部へ乗り込む兄弟。

1、2話と新シリーズ独自の展開を模索している雰囲気がありましたが、
3話目にして原作/前シリーズの1話へ着地。
おまけにゲーム版も見たことがあるせいか、ついつい記憶にある映像と比較してしまいます…


まず、今回は特に細部の描き込みが不足しているように見えたのが残念でした。
教会や室内の壁とか鎧(弟)や機械鎧とかの表現が、だいぶ大雑把というか…
もうちょっと色の濃淡をつけたり光沢を入れたりしてほしかった。
余計なお世話でしょうが、「予算が微妙なの??」なんていらぬ心配をしてしまうよ。

そういえば1話でも、司令部で大佐がいた部屋が、やけにだだっ広かったのを
不審に思ってたんだよなぁ 東部から出てきて一時的に割り当てられたにしては、
大きすぎるだろうって。まさか、そういう設定の確認が微妙なんだろうか


いや、そういう細かい技術じゃなく、もっと違う部分で勝負していくんだという
志みたいなものは一応感じ取れるものの、
ここにこだわってるんだから、ほかはとりあえずいいよね
と心底うなずけるほどのインパクトはまだ受けてないので、どうしても疑心暗鬼に。


やっぱりこの話でいえば、エドの右腕と左足が生身じゃないと判るとことか
最後にロゼを叱咤するところとかが見せ場じゃないか
と思うんですけど、
妙にさらっと流されるだけで前後に埋没しちゃってるんですよね。

これまでから察するに、見えをきってみせるような大げさな演出は
回避したいってことかなと解釈するしかないんですが、
それは「鋼の錬金術師」という作品に対するアプローチとして適当なのか、
ふと疑問が湧いてきました。

もともと日常ネタをゆるく繰り広げるタイプの話じゃないんだし、
山あり谷ありというかピンチとチャンスが交錯する冒険ものなのに
ひたすら淡々と真面目に話を進めるのって、ちょっとミスマッチでは。

1話でも気になった、コミカルなシーンでの絵柄が古いところとかも合わせると、
今回は兄さんにのされた教団の人々が、まるでダークパワーにやられて
気力を奪われた地球のみんな@マイメロ 的な省略絵で、どうしようかと…

もしかして制作側は、そういう「淡々と」「ちょっと古め」みたいな表現こそが
王道だと信じてるんじゃ、、、なんて不安に駆られてしまいます。


先々週、先週と2話をかけて兄弟の背景を語ってきたんだから
今さら機械鎧の出し方に凝っても…という見方もあるのかもしれませんが、
それにしては鋼の銘を持つ国家錬金術師が鎧のほうじゃないってネタだって
わりと引っ張ってるんだし、ここぐらいは「演出」してもいいんじゃないかと素人考えを。

以上、次回はタッカー登場というかニーナの話という
これまた原作でも前期でも強い印象を残したエピソードが来るんで、
今感じてる疑問+不安を思いきって書いてみました。



最後に、しょうもないツッコミとか感想を。

・リオールの住民が「鋼の~」という国家錬金術師は知ってるのに
 錬金術という技術は知らないって、あらためて考えるとちょっと矛盾してるような…
・喜久子さんのラストも素敵ですねーv もっと出番が増えるといい!
 そして、エンヴィーも早く見たいーーー
・あ、スカーの中の人はすでに発表されてたみたいですね(恥)
 置鮎さんのが好きだったんだけど、あれはオリジナル展開あってのものとも言えそうだし
 今回は渋い路線を追求していくんでしょうか。

・最後の最後ですが、22巻買いましたよ!
 一言感想(反転)>ホ、ホーエンハイムがかっこよすぎるぅぅぅ

thread: 鋼の錬金術師 / genre: アニメ・コミック

trackback(1) | comment(0) | 記事編集

go page top

2話連続放送ならGJだった 第2話 はじまりの日 


2009.04.12
Sun
19:59

  鋼の錬金術師

リオールへ向かう汽車の兄弟と東部へ戻る大佐を送る親友とを基点に
しごく真っ当かつ絶妙な配分で語られた、兄弟のこれまで。
時間が過去と現在とで行ったり来たりしても、話の軸がしっかりしてたので
今回は混乱せずに見ることができました。

特に真理との対話&扉の向こうの描写は、今回どころか再アニメ化に際しての
目玉だったんじゃないかと思われます。

そこで見聞きしたもの+得た知識を、この時点では覚えていない弟とか
ウィンリィとリザさんの心の交流とか
おっとこまえに保護者なピナコばっちゃんとかも、
今シリーズならではというか原作寄りなポイントなのかな。
そうそう、錬丹術クセルクセスの東の賢者なんて言葉も出てきましたね!


し、しかし過去エピソードが「」の銘を与えられるところで終わってるんで>
いっそ今回のサブタイを「鋼の錬金術師」にしたほうがしっくりきたんじゃ?
なんてツッコミが浮かばないでもなく。
(戦略的にいえば1話=タイトルなほうが正解なんでしょうけど)

なんか、今回が手堅くまとまってるだけに前回の初回らしからぬスペシャル感が
やっぱりもったいなく思えちゃうんですよ。
ただ、この内容でも1話+2話の一挙放送だったら
普通にいい滑り出しに見えたかもしれない
、とか考えるんですけど…
間違いなくリストランテ・パラディーゾの影響ですねw


まだ2話しか見ていない状態で受けた印象を書くと、今シリーズは
ドラマチックよりも骨太に展開していきそうな予感がします。
前シリーズは結構、あざとい演出がありましたからねー
たぶんその辺りが、人を選んだ理由なんでしょうが

そこを抑えて、あえての王道路線をゆく姿勢こそが
「原作回帰」なのかもしれない
…なんて電波を受信。
個人的には、そんな心意気も嫌いじゃないんだぜ?


声について。実は1話から、三木さんの大佐もいいじゃないと思ってたんで
そこは不満がないんですけど、今日はちらっとピナコばあちゃんに違和感が。

たぶん、大総統とか少佐とかの辺りが変わってないから
勝手に前と一緒だと思い込んでたせいじゃないかなー
あ、でもウィンリィが変わってるんだから
ばっちゃんだけ同じだと、かえって気になっちゃいそうか。



前回はホーエンハイムにばかり気を取られ、ツッコミ忘れたOP&EDについて。

2丁拳銃なリザさんにびびった。
彼女はハードボイルドにライフルなイメージだったんだけど、
意外にギャグもいけるんでしょうか。
あれ、2丁拳銃→ギャグな思考って私だけ??

あと、スカーの中の人は前と同じだったら嬉しいなと思った。

それからEDのラストカットが線路を歩く兄弟だったのには、前を思い出してじんと来た。
前シリーズのOPでは、わりと頻繁に線路のカットがあったと
こないだコンプリートDVDを見てたら気がついたので。


最後になりましたが、今日の話を見てたら焔の大佐さんにも
かっこいいところがあるって解りました。
たいがい遅すぎてすみません。。。

thread: 鋼の錬金術師 / genre: アニメ・コミック

trackback(1) | comment(0) | 記事編集

go page top

ちょっと戸惑い気味… 第1話 鋼の錬金術師 


2009.04.06
Mon
22:35

  鋼の錬金術師

初めに断っておきますが>私は前のアニメ版も相当好きで、
むしろアニメ→原作に入ったファンです。
ただ、原作もコミックス派だしアニメ雑誌も読まないので
今回のアニメに関する情報がだいぶ遅かったり少なかったりすると思われます…



ということで、1話の感想。

まさかのホーエンハイム祭りなOPから意表を突かれたんですが、
これはまだ個人的にはいい意味での裏切りだったんですよ。
前のとことんダメなパパも、あれはあれで嫌いじゃなかったとはいえ
(エンヴィーとの関係もおいしかったし)
最近の原作みたいなヘタレかっこいいバージョンも見てみたかったわけで。
おやじスキーですからね、結局。


だけど、本編にはどうしても違和感というかモヤモヤ感が拭えなくて戸惑った。
メインキャラ&テーマのお披露目回だったんだろうとは思いますが、
シーンとか小ネタばかりが目立って話の流れが解りづらくて。

そういうギャグシーンなんかも、ある程度鋼錬を知ってる人じゃないと
解らないネタのような気がして、初回なのにいいのかなぁと心配してしまったり。
(好みの問題だろうけど、ふきだしの処理とか絵のくずし方が妙に古かったのも不安)
細かい設定の説明は次回以降にまわすんだとしても、
それにしては最初に見てる側を引き込むための「つかみ」がいまいちに感じました。

おまけに、謎のオリキャラ&ばんばん出てくるお父様のカット
&なんだか出ばってるキンブリー
ときて、困惑度急上昇。
ホーエンハイムの存在感ありまくりなOPといい、
これはもう原作どおりにやり直すわけじゃないと見るべきなんでしょうか。

再アニメ化だけどスタッフ陣一新ということで、
私はてっきり原作に沿った話をやるのかと思い込んでたんですが、そうじゃないと。

前はホムンクルス関連をアレンジしたけど、今度はお父様周り&イシュバール戦役ネタを
膨らましていくぜ(=原作の二次創作っぽいところは前と同じ)
ってことなのかな…
もしそうだとしたら、わざわざ今アニメをし直す意味って何なんだろうと疑問です。
まだキャラも揃ってなくて伏線を張ってる最中だった前とは違って、
今なら原作そのままに進行しても収まりそうなのに。

それに改変するならなおさら、インパクトのある見せ方とか
一本通ったテーマが必要になってくると思うんですが、今のところそれも見えてこないし。
うーんこうしてみると、前はかなり練られてたんだよなぁと再確認してしまいます。
OP前の弟のモノローグとか、とにかく引き込まれたもの。

前を踏まえての感想としては、キャラによって中の人が同じだったり違ってたりするのは
思ってたよりバラバラで違和感あった。
コンビ的な、対話が多いキャラは両方同じにするか、どっちも変えるというふうに
扱いを統一したほうがよかったんじゃないかなぁ
その点、兄弟についてはよかったんですけどね。


以上、まだ1回目なのにずいぶん不満を書いてしまいました。
今後いい方向に進んで、無駄な心配しちゃったなーと反省できれば逆にいいと願ってます。
あ、もえポイントもあったんですけどね、もちろん↓

なんと言ってもOPのホーエンハイム。
これは、お父様との長年にわたるあれやこれやが繰り広げられると期待してよろしいか。

それから大総統。相変わらず渋くてステキですv
仕留めにきたシーン、これで実はエンヴィーでしたとかだったら残念だなー
なんて先走っていたら、ちゃんとご本人がお出ましでした。
しかもサーベルきたー!
あの剣技が好きなんだ…
さらっとセリムのことも話していたし、今後が楽しみです。

あと、兄弟のシーンでなにかにつけ弟が兄さんをかばったり
さりげなくフォローしてるところに萌えが再燃した。
絵を目の当たりにして、なんで自分が二次の弟に関して
鎧>生だったのかを思い出しました(告白)。


そして最後に、ネタを一つ。

ラストの病室シーン。
うっかり、少佐×兄さんを推奨されてるのかと勘違いするところだったぜ…
なんでお見舞いが薔薇の花束&筋肉披露なんだよ!

thread: 鋼の錬金術師 / genre: アニメ・コミック

trackback(1) | comment(0) | 記事編集

go page top

CM攻勢にさらされた 


2009.03.30
Mon
03:41

  鋼の錬金術師

金~日と、今までほとんど目にしてなかった鋼錬CMを
ものすごい回数見た気がします。

あーそういや、去年はこれにやられてギアスを見ちゃったんだよなぁ
いや別に後悔してるわけじゃなく、むしろ感謝なんだけどね!

…とか横道にそれながらも、毎回ガン見です。


兄さんは顔の印象よりも、がっしりしてる体格に原作っぽさを感じるような。
こう、みっしりと肉がつまってる雰囲気がね…決して丸いんじゃなく。
真理たんに叫んでるバージョンなんか、内容的には頼んでるはずなのに
啖呵きってるような迫力なのも、すごくらしいと思うv

あ、今気付いたんだけど「真理」を出したことで
原作に沿ってますよ前回アニメとの差を出してたのかな?


別バージョンCMで、兄弟についていろいろ解説してるような
ナレーション的仕事をしてたのは、もしや新大佐@三木さんですか?
あらためて耳にすると、大川さんとはだいぶ印象が違いますねー
でも、ただ単に「違う」ってだけなので、話の流れで聞いたら
すんなり入っていけそうな予感もしています。

それよりも焔の錬金術師さんに関しては、
(予告カットを見る限り)結構顔が違うんじゃないかと注目。
わりと細いイメージだったんですけど、今回は目が大きいような…?



なんて、ちょこちょこチェックを入れながら来週を待ってます。

てか、また日曜に極力予定を入れたくない生活が始まるんだ!
うっかり忘れてて、来週とか出掛ける気満々だったよ…あぶない。

thread: 鋼の錬金術師 / genre: アニメ・コミック

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。