08 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. >> 10

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

谷中~根津を歩いてきました 


2009.09.30
Wed
03:26

  RD 潜脳調査室

以前ひっそり呟いていた、子どもハルさんの足跡をたどる企画を
ワカさんとシルバーウィークに実行してきました。

具体的には>日暮里駅北口から数分の夕やけだんだん→谷中銀座
→三崎坂→へび道→根津神社→不忍通り→言問通り→谷中霊園→日暮里駅

という経路を、ぐるっと歩いてきましたよ。
さすがにちょっと、はりきり過ぎたかもしれないw


まずは、ちびっこグループが駆け降りてた夕やけだんだん↓
dandan.jpg

奥に見える「谷中ぎんざ」の看板を逆側(階段の下)
から見ると、こんな感じ※いきなり夜の画像ですみません
yanakaginza.jpg


この辺りは作中の描写にあるとおり猫が多いのですが(おまけに私もSSで使ってますが)、
良すぎるくらいのお天気のせいか連休効果の人出のせいか、あいにく見掛けませんでした。

代わりに商店街のアイデア看板を※猫は動きません↓
hatuneya.jpg


で、残る大きなチェックポイントは根津神社だ! と意気込んでたら
進むにつれ沿道も賑やかになっていくんですよ。
なんと、その根津神社のお祭り当日だったらしく…
場所は解ってるからと下調べを怠ったせいで、全然心の準備ができてませんでした。
道理で人出が多いと思ったよ、もう「谷根千」人気とか
さすがシルバーウィークとか以前の問題だったのかー(すみません>ワカさん)

でも落ち着いて考えると町内が総出で揃いの法被をつけ、お神輿を担ぎお囃子も出て
…という、ニュースになったり観光客が殺到するような一大行事とは違う本来の形の、
みんなのお祭りを垣間見れて幸運だったのかもしれない。
ただ規模はかなり大きくて、何基ものお神輿とすれ違って驚いたんですが。

もう、まさに下町(この場合は寺社町?)ってイメージどおりの風景でした。
活気があって、大人がきっちり場を執り仕切っているなかで
子どもたちがやんちゃに遊んでいたりして。
ああ子ハルさんも、あんなふうに走り回ってたんだろうなぁ
なんて想像が、たやすく浮かんできましたよ。


そんな通りの景色に目をうばわれながら辿り着いた根津神社も、
すっかりお祭り仕様になっていました。
参道には屋台が並んでいるし、鳥居の前にも飾り(?)が建っているし。

しかし私はなぜか、お祭りの喧噪にあてられついでに撮影ポイントを間違え、
お堀の亀を必死に撮っていました。。。
珍しいバージョンの鳥居が見れたんだから、それを撮るべきだったんだよな…

nedunokame.jpg
↑問題の亀さん



そんな感じで、予想外のイベントにも遭遇し(ながらも妄想の糧とし)つつ
秋の谷中~根津界隈を堪能しました。
長々とお付き合いいただいたワカさん、ありがとうございます!
スポンサーサイト

thread: RD 潜脳調査室 / genre: アニメ・コミック

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

最終回前後にプチまとめ 


2009.09.20
Sun
08:29

  2009春夏アニメ

レポが書けないでいるうちに、続々と見ていたアニメが終了しています。

個人的な今期のベストは>うみものがたり
ザッピングしていて偶然、初回のOPに当たり
おお海の絵だ! RD関係のネタになるかな?」ぐらいの
不純な動機で見始めたら、タイトルで元ネタに気付き驚愕、
でもストーリー+キャラ設定+絵柄+音楽が抜群に良くて
今度は別の意味でびっくりという、ものすごい作品でした。

他に青い花大正野球娘。も見ていたのでなにげに女子祭りだったんですが、
どちらも丁寧かつ真面目な作りの質の良い作品で、毎週見るのが楽しみでした。
(大正野球娘。は次回が最終回ですけど)
勝手なイメージですが前者は正統派の百合で、
後者はちょっと昔の少女漫画風なところがポイントだと思います。



あとは蒼天航路も、ここ2週また面白くなってきました。

ただ「なんだかよく解らないけど、とにかくすべてを見通してる万能の曹操」
のオンパレードには、説得力という意味で疑問もあり。。。
董卓とか献帝とか劉備とか相手に持論を述べるシーンは
(多少スケールが大きすぎでも)俄然盛り上がるんですが、
軍師団相手だと生徒に講義する先生状態なんですよね。
キャラの扱いとして、すごくもったいない気がする…
あ、前回とか凧&大声作戦のときみたいな、ほのぼのエピソードはGJですよ!

今の流れだと、どうやら官渡の戦いまでで終わりそうですね。
一時あまりに袁紹が出てこないので不安になっていましたが、さすがに官渡はスルーしないか。
個人的には、思いのほか呂布パートが長かったような印象なんですけど
ここまでを曹操メインで切り取ると呂布の存在感が強いってことなのかな。

しかし、数回前に孔明が何の脈絡もなく登場したのは何だったのか、
いまだに引っ掛かってもいます…まさか、あの顔見せだけで終了??
うわーなんというチラリズム演出w

thread: 見たアニメの感想 / genre: アニメ・コミック

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

旧コンテンツをアップ【サイト】+拍手レス 


2009.09.12
Sat
04:24

  SSなど

今日(金曜)は出勤時間がちょっと遅めだからと作業にかかって、
サイトのほうに逆裁SSをアップしました。
で、ここで報告まで済ませて出掛ける予定だったんですが…
ファイルのアップロード→確認の時点でリミットが来てしまったという。
ははは、相変わらず己の手の遅さが読めてないな☆

…というわけで、かなり今更感が漂う報告でした。


しかし、あらためて日付けを確認したら4~5年前だったことに本気で驚いた。
もうそんなに時間が経っていたのか、、、なんかこの調子だと2016年も
気付いたらすぐってことになりそうだよ。恐ろしい…!

あと私は原典がテキストベースだと、かなり影響を受けるきらいがあるので
今読むと恥ずかしいほどにカタカナ表現だらけでした。
仕様ということで読み流していただければ。。。
個人的には、それまであまり書いたことがなかった一人称とか明るめの話に
挑戦できたのは勉強になったと、しみじみ思ってもいるのですが。

ああでも、そこそこ書いたつもりだったのに実はそれほど
青い弁護士と赤い検事のSSが多くなかったことが、一番のショックでしたー
私の記憶が当てにならないのと脳内妄想だけがたくましかったのと、どっちだろう??
(たぶん両方の相乗効果)



思いっきり別ジャンルの話の後で申し訳ありませんが、
追記は拍手レスです↓
パチありがとうございました!

read more..

thread: ヲタク人日記 / genre: アニメ・コミック

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。