05 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. >> 07

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

全力でGJ! と伝えたい - TURN 20 皇帝 失格 


2008.08.24
Sun
20:35

  コードギアス R2

もえた!!!

萌えた、じゃなくて燃えた!


最初っから最後まで、余すことなく名場面の続出。

ここに至るまでの布石だったのだ」と言われちゃうなら、
もう今まであったモヤモヤ感もイラッと描写も、すべてが水に流せてしまえそうな勢いで。



やー、ふっきって陰謀と暴力的手段に徹するスザクさんには、初めて清々しいものを覚えましたw

シュナイゼルには使い捨てられそうな気配満々だし、
それ以前に早くもナイトオブワンなおぢさまから説教&返り討ちされてたけど。


ただ、今回冒頭で彼の告白が聞けたわけですが、やっぱりまだ納得がいかなかった。
無益な争いを止めるためってだけが行動原理だったんなら、
なんでブリタニアの兵士になんか志願したんですか?

あまりに目標が遠すぎて、まさか初めっからナイトオブワンが射程範囲内だったとは思えんし。



てかもうね、ルルが震えるほど格好良かった…
失うものが何もない状態のあの子は、やっぱ強かった!

まぁ今回の所業は客観的に見ると完璧に悪役の仕事ですが、
今までそれに徹することができなかったからこそ、詰めの甘さで敗れてきたわけで。

このあたり、「甘さがあったからこそ強かった」とか指摘されてた
枢木さんとは微妙に対照的な気も。

それとも、この論法はいずれルルにも跳ね返ってくるって暗示なんでしょうか。

いやでも、ルルに関する最近の流れは一貫して成長しているようにしか見えないしなー
今回もちゃんとリヴァルに連絡をとって会長への伝言も頼んでたし。
ほんと、大人になったものだ(しみじみ)

…失ってきたものが、代償としては大きすぎるけど(涙)



それと、前回の神業に比べると今日の作画はいまいちだったけど、
とりあえずルルのルルっぽさは確保されていたので(私基準)許せるレベルでした。
ええ、ルルが良ければそれでいいんですよ…



そのほか、ざっと振り返ってみると>

あまりに焦らされまくったせいで「もうこのまま出てこないんじゃ?」くらいに
諦めモードだったマリアンヌ母さんが!
あーアーニャの秘密は、そっちでしたかー

これは、ますますルルにとってみると追い打ち的な状況に見えなくもないが、
現在いろいろ突き抜けちゃってる彼ならば余裕で乗り切れるんじゃないかと夢を見ていたい。
とりあえずCCを戻してくれただけでも、ありがたいと言えるしな。


てか、マジでマリアンヌさんは困ったちゃんなお母さんの予感。
ルルの拠り所だった過去の優しい記憶って、ほんとに幻想だったのかねえ。。。



シュナイゼル兄さんは、いい感じで秘めた野望を実現するために一歩踏み出しました。

これが普通のお話ならば
狙い定めた皇帝の座へ着々と近付いていく彼が大本命で決まり
なんだろうけど、
あくまで「コードギアス」って枠で見ると
サイドストーリーでしかないっぽいのが気になるところ。

とはいえ(周囲がどう見てるにせよ)ルルには帝位への未練なんてないだろうし、
そういう意味でシュナイゼルの行く手を阻む相手がいるとしたら、案外コーネリアかもしれない。
姉さん今回は(ヴィレッタへの忠告とか)いい味だしてたし!
…これは、推理というより願望だったりしますが。

前回大きく株を下げた黒の騎士団の皆さんは、まだ被害者意識バリバリでしたが
神楽耶さまとシンクぅーーー(しつこい)が加わったおかげで旗色が悪くなってます。
いいぞ2人とも、もっとやれ!

あ、前回の予告で物議を醸してた「ボコられてるディートハルト」は確認できたんだが、
なんで顔にケガ負ってるのか結局説明がなかったので読解力に欠ける私にはさっぱりでしたよ。


そういやカレンも、記憶をなくしたCCって情報を与えられてたにもかかわらず
連れ出し役をアーニャの皮をかぶったマリアンヌに奪われてたしな。
あれは脱走フラグじゃなかったのかー

ま、彼女に関しては「きみは生きろ!」って声かけられた効果を
いずれ見せてくるものと、勝手に期待しちゃってますが?



そんなわけで、終始ハイテンション&ハイクオリティ
ギアスR2は、やはり凄かったです。

もうこの勢いで、この流れのままに突っ走っていただきたい。
正直、ネタアニメ扱いしていた1期の頃の自分を殴ってやりたいほどに熱いよ!

thread: コードギアス 反逆のルルーシュ / genre: アニメ・コミック

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 夜中に変な声出させないで…! - 21 永遠 infinity  | h o m e |  畳み掛けられた! - 20 その足で identity »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dfreenote.blog64.fc2.com/tb.php/1-b2ed7f0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。