07 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 09

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

BOX3まわりについて色々 


2009.03.04
Wed
02:37

  RD 潜脳調査室

とても3月とは思えない寒さなんですけど…
あ、でも数年前にも3月なのに雪が降ったことがあるなぁ
東京なのに!?」とえらく驚いた記憶があるから、間違いない。


今朝アボカドとクリームチーズのオムレツを作ろうとしたとき、
ふと美食倶楽部のメンバーのセリフが浮かんで
黒胡椒を使ってみたら意外と美味かったのですよ。

たしかに、すごいぞ黒胡椒!
(個人的には、ドラクエ3のがイメージ強いんだけどな>黒胡椒)


しかしサイドバーのBOX3画像が、いまだに「no image」状態なのが気になります…
しばらくしたら実画像がアップされると薔薇乙女のときに学習したんで
様子を見てるんですが、、、まだなのか??



で、BOX3は、ざっと中味の視聴を終えました。

なんとなく話の切れ目的にそうなるんじゃないかと予想はついてましたが、
18話で切られると以降の急展開が見たくてじたばたするんだぜ。

なんの符号か自分の番組感想がちょうど19話からだったので、飢えをしのぐため
とりあえずblogを読み返してしまった…んだけど、やっぱり実物が見たい。
ああもう、なんで~22話までを録画しなかったのかな自分!


それで、13話のアイコンタクトシーンは2人の初対面じゃないのでは、と前に書きましたが
もう一度よく見たら、あのあたりってハルさん大学( or 院)生なんじゃと思えてきました。

高校生姿で唐津の海と別れを惜しんでるっぽい~階段教室で授業を受けている
大学進学で唐津を出た?
~年配の人から指示を受け、チームで東京周辺の潜水調査
職場というよりゼミっぽい?

…みたいな、潜ってたときのチームメンバーの印象
上司と部下より指導教官と学生たちに見えるような)と
前後のシーンのつなぎから受けた妄想なんですけど。

で、この線でいったら学生時代すでに久島とお友達になりますよね。
おお、「直感少女」の昔話ネタともつながりそう!
なんて、どんどん妄想は進んでおります。


そのほか、映像特典やダイバーズガイドの感想は以下に↓




PR用ダイジェスト映像
かなりいい感じに解りやすくまとまってるダイジェストだったと思います。
ただ、1話の2012年シーンの波留と久島へ2061年時点の肩書を付けてしまうのは、
なんか違うんじゃないかとやや違和感。
そんなモヤモヤも、にゃもの姿を見たときにふっ飛びましたが。

え、肩書が「直感少女」なんだ!?
せめて、波留のバディとかさ…うーん。。。


潜入調査室
ファン向けのトークイベントみたいなところに出ていた、
リアルホロンさんに興味津々なんですが!

あれは商品化とかされないのかな??
いや、収容スペースなんかないんですけど、でも一度目にしてみたいなぁ


ダイバーズガイド
人工島の建設過程に関する考察で、建築構造まで発案者が久島とされていたことに驚愕。
本気で人工島の神なんだなクッシー。
そして気象分子プラントのくだりに畳み掛けられました。
50年間、社会的というか対外的には久島のパートナーって円だったんだろうな…
という感じで妙にしんみりしてしまった。

あ、あと蒼井家の人々の紹介でソウタが「波留の事務所では経理を担当」
となっていたことにも驚いた。そんな描写、覚えがなかったので。
5話冒頭ではホロンがミナモに4話での報酬を処理してたし、
他は普通にリアルでの情報調査をしてましたよね…なぜ経理?


ミライノチカラ
フィラメント」をどう理解したらいいものか、正直戸惑ってます。

4月の時点で、アイランドの変電所崩壊と障壁消去の順序にこだわって
暴力的手段に訴えるような組織の存在があるっていうところが、よく解らなくて。

ソウタがいろいろ動いてるのは久島の指示なんだろうけど、
それを阻止しようとしている側って誰なんだ。
すでに円が暗躍してるってことなのかなーだけど、どうもしっくりこない。
単純に、気象分子の本格稼働に向けて人工島のシステムにキズを付けられたくない
っていう9話と同様の意図と受け取ればいいのかな…

thread: RD 潜脳調査室 / genre: アニメ・コミック

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 己のレベルは知れた気がして 【QMA】  | h o m e |  闇鍋風ごった煮 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dfreenote.blog64.fc2.com/tb.php/102-f361cb8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。