05 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. >> 07

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

初回を一周して 


2009.04.11
Sat
03:27

  2009春夏アニメ

4月始まりのアニメ、気付いたらチェックした番組がそこそこの数になってたので
初回感想を見た順に(鋼錬を除く)ざっとまとめてみようと思います↓


ハヤテのごとく!
日曜午前枠であのカオスっぷりだったというのに、
金曜深夜とかってどこまでいってしまうのか…?
 と不安半分期待半分で
見てみたんですけど、特に1期から大転換した印象はなかったかもしれない。

まぁでも、前シリーズの時点でいろいろと限界値までいってた感があるから
あのテンションを保つだけでもすごいと言えるような気もします。
今回も、地味(?)にマリアさん&サキちゃんのプリキュアネタが見れたしな!

しかしEDといいキャラソン展開といい、なんだってあんなにヒナギクプッシュなんですか。
いや、私も大好きですよ…特に前期の決闘ネタでウテナコスした姿は楽しすぎた。
だけどナギとかマリアさんとかサキちゃんとかも好き(自分自重)なんで、ちょっと複雑。


蒼天航路
終始斬新すぎる展開&演出に驚かされっぱなし。

新しいよりもジャパニメーションらしからぬ、と言うべきかもしれませんが…
めいっぱい過剰な表現とか、決めゼリフをいちいち文字で見せるとか。
今は免疫がなくて引き気味なんだけど、いつか慣れる日がくるかもしれません☆
などと、適当に予言してみる。

あと中の人ネタなんですが、一言つっこませてください。
喜久子さん、あれだけなのー!?

少年役って今まで聞いたことがなかったから秘かに楽しみにしてたのに、
あっという間に声変わりしてて脱力。
道理で、番組表のトップが宮野さんだったわけだよ…


リストランテ・パラディーゾ
のっけからの一挙2話放送には、心の準備ができてなかったので焦った。
けど、内容は普通に面白かったです。
(ふだん見慣れてない系統の乙女向けCMには正直たじろいだけど)

まさか、老人+眼鏡萌えに真正面から取り組んだ番組が
地上波で流れる日が来るとは、、、なんて、思わず感無量。
本来の意味での執事喫茶をやってみました、に近いものがあるわけだし。
それでも舞台がイタリアってあたりは、やっぱりファンタジーなんだろうな…

話の導入も、(店の従業員だから当たり前だが)メインキャラが最初からずらっと出ても
混乱しない程度にうまく紹介ができていたと思います。
なによりOPで各人のカットが素敵すぎるもんだから、本気で見惚れましたよ(告白)
さすがイタリアだぜ!

そして2話分の予告を見たときは、ボタンが取れかかってるから私が付けてあげるわ!
とか外されるんだろうと思ってたのに、ガチで襲っていたとは!!
さすがイタリ…(ry
とにかく、3話以降も期待してまーすv

で、ちょっと気になったのは絵柄がだいぶマイルドになってること。
表紙絵しか見たことがないので断言するのは危険かもですが、
原作はわりとクセのあるアート系ですよね。
どうせマニアネタなんだし、そのままいったほうがインパクトあったんじゃないかな。

それとリアルお爺さまにも余裕で萌えられる人間の寝言としては、
せっかく老人プッシュなのに、キャラにあんまり老いが感じられなくて残念でした。
もうちょっと皺とかを描き込んでくれたほうが、少なくとも私はもえるんですけど。。。


東のエデン
なんの前情報も入れないまま見たので、
これは一体どういうジャンルの話なんだろう??
と不思議なまま1話が終わってしまいましたが、それでも続きが気になる内容でした。
よく解らないなりに引き込まれるというか。

今のところ引っ掛かっているのは、
ハードなストーリーっぽいのにキャラデザが少女漫画ど真ん中なことなんですけど、
おそらくはあえてのミスマッチなんでしょうね。
1話を見た限りでは「ハリウッド的にハードな設定で
少女漫画並みのラブストーリーをやっちゃうぜ!」って印象を受けたし。

で、あのある意味タイムリーすぎるラストを受けて今後どう話が転がっていくのか、
とりあえずは次回も見ようと決めました。



以上、鋼錬を入れると5番組。
どれもなかなか面白くて、初回脱落組はありませんでした。
(蒼天航路のネタ化と、東のエデンが恋愛まっしぐらになるのだけは不安ですが)

ちなみに、書き込みっぷりでバレバレでしょうけど
一番面白かったのはリストランテ・パラディーゾですよ。
なにより作り手にも並々ならぬ気合いがあるように感じ取れて、楽しかったという。


でもこうやってまとめてみると、やっぱり初回って
はったりでも焦らしでもいいから、見てる側を引き込む戦略が必要だな
と再確認しました。

初回なのに映画か2時間SPのようだった鋼錬は、残念だったなぁ

サブタイを「鋼の錬金術師」にしたのなら、他は後回しにしても
主人公を引き立たせるくらいの思い切りが必要だったのでは。

thread: 2009年春(4月)新作アニメ / genre: アニメ・コミック

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 2話連続放送ならGJだった 第2話 はじまりの日  | h o m e |  感謝と展望 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dfreenote.blog64.fc2.com/tb.php/120-577d4ae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。