07 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 09

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

福耳あらわる 【蒼天航路】第5話 天下の器 


2009.05.13
Wed
23:58

  2009春夏アニメ

一つに集中すると他が停滞する、悪い癖が出ています。
しかし、このままスルーするにはあまりに惜しい
展開が続いてるので…語らせてください>蒼天航路


県令として赴任した先で、悪徳役人の貢ぎ物(婉曲表現)に
溺れたふりの孟徳さんは一回休み。
その間に「もう1匹の龍」が登場しました。

うわお、草鞋売り来たよーーー
オマエ口が上手すぎるだろ!
出たー「中山靖王 劉勝の末裔」!!


…と、なんだかとってもテンションが上がってしまいましたよ。
こんなに玄徳さんの登場を待ち望んてたなんて、自分自身が一番驚いたw


なんというか…演義とか、ずばり言うと人形劇みたいな
お行儀よい劉備にはあまり興味を持てなかったんですけど、
こういう破天荒だけど妙な魅力がある設定だと、好感度急上昇です。
決して立派じゃないのに引き込まれてしまう、
いわゆる「人たらし」ってやつですかね。

それに器が大きいという表現を思えば、
こっちのほうが実際に近かったんじゃなかろうかと邪推してしまう。

そんな特殊スキルを遺憾なく発揮した劉備に関羽さんはまんまとたらしこまれ、
弟分の張飛ともども義兄弟の契りをかわしてしまいましたー
というわけで、めでたく桃園の誓い一丁上がり。

ところで、関羽を頭とする集団が名乗ってた「びぜんだん」って、、、
もしかしなくとも「美鬚団」なんでしょうか?
未来の兄者の首を討とうとしたときにも「張飛、青龍偃月刀を持て!
とか命じてたし、さすがにネタが細かいなー


ようやく曹操も休眠から目覚め(お付きのお爺さまが、なんだか可愛いくて癒し系だ)、
民を苦しめていた悪徳役人を討ち財宝も換金して配給…と
ほとんど義賊のノリでお裁きを決めました。
いや、義賊は打ち首とかしないけど。

で、領民に崇められたりしながら田畑の視察をしていたら
太平道の信者グループを目撃。
次回のサブタイ「蒼天已死」といい、
そろそろ黄巾の乱が近付いてきたっぽいですねー
いよいよ本題が始まる!! とワクワクが収まりません…!

thread: 蒼天航路  / genre: アニメ・コミック

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 最近の水~金曜日  | h o m e |  やらかした…! »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dfreenote.blog64.fc2.com/tb.php/135-486865ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。