07 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 09

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

美しければそれでいい、なんて - TURN 19 裏切り 


2008.08.18
Mon
01:44

  コードギアス R2

あまりの神作画に、思わずシムーンOPの曲名を思い出した日曜日。


お祭りに出掛けた方はお疲れさまでした。
今日は今までが嘘のような涼しさに恵まれましたが、3日目ともなると
涼しさだけじゃ癒せない疲れもありそうですしね。

とか言ってる私は、昨日1日行っただけでギブアップでした。
昼頃着いたのに、西~東の連絡通路であんなに待たされるなんて初めての経験ですよ…
正味1時間ちょっとしか居なかったけど、帰りは雨に降られるしで
HPごっそり奪われました。

これでも、昔は東と西との往復を2回くらいやってたんですけどねー
なぜってジャンルがバラバラだからさ…
さすがに年には勝てません;;



そんなしょっぱい話は置いといて、本日のギアスR2

実は消耗してうっかり寝過ごしスザクさんとオレンジが別れたあたりからしか
見れてないんですが;; とにかく作画がだった。
もともとギアスの作画は安定感がありますけど、それでも小さな波は感じられるわけで
今回は「いい回にステキ絵師様が登板した」という意味でも神だったと思う。


なんていうか、前回あんなことになってしまったので衝撃を受けつつも
今回分を見終わるまでは展開の予想がまったく立たないなぁと思ってたんですが、
そういう見方から言えば>前途はやや明るいような気も。

「ナナリーを守るために」という最大の目的を失ってしまったルルには、
もう黒の騎士団を率いる理由もない。
幹部側は切ったつもりでいるだろうけど、(面倒をみてやる必要がなくなって)
ルルにとって渡りに船と考えられないこともない。

余計な雑事を除いていったら、最終的な目標=皇帝も見えてきたしね。

それに、ロロの件。

何度も「ボロ雑巾ED」を試みては失敗するってパターンを繰り返してたんで
これはもう本人の望みにかかわらず、ルルにはやれないってことなんだろうな…
と思い、個人的にはルルとは全然関係ないこと(たとえばフレイヤとか)が原因で
あっけなく散ってしまい、なんだかルルは消化不良的な流れを想像してたんですよ。

でも、そうじゃなかった。
ロロはルルの嘘つきなところも(もしかしたら偽悪的なところも)理解したうえで
命をかけて守り抜いてくれた。
ルルもそこに気がついて、最期まで「兄」として接し彼なりに葬ることまでした。

この言動に、ものすごくルルの成長を感じました。
本当に大事な存在以外には表面的な対応で適当に乗り切ってきたルルが
どんどん素を見せるというか心でぶつかるようになってきたのを
微笑ましく見てたけど、まさかここまでになるとは。

だから、救いようのない鬱エンドは避けられるのかな…
なんて一筋の光明を見たり。(期待し過ぎ?)



しかし、黒の騎士団幹部ご一行様の陥落っぷりは見事だった。

玉城はともかくw 藤堂とディートハルトまでが、あんなにあっさり。
しかも、ヴィレッタ連れの扇の話も鵜呑みだしなー。
本当にそれでいいのか、君たちは。仮にも敵方のもたらした情報だぞ。
もうちょっと疑うとかしたらどうなの?

もうここは、シュナイゼルお兄様は「説得」のギアス持ち
とでもしないと納得できない。
それとも、そんなにゼロを疑ってた&ギアスの力が怖かったってこと?


あと、カレンと本音で話せた&CCの状態を知らせられたのは
合流フラグかなと、これも前向き要素のひとつに。
この番組はここで終了です」ってディートハルト、おまえやっぱり本気なのか。
茶化してるシーンじゃ全然ないんだけど、
絶対守護領域の計算がこんなに大変だなんて!」と焦るロロには前回の教訓として
きっと腕をクロスさせて打つとできるんだよ! とアドバイスしたかった。
今後、表舞台に復帰したコーネリア皇女殿下がどうされるのかが気になる。

…一番気にかかるのは、落ち込んでたのかと思いきや
いきなり大声で笑い出しちゃった
枢木某さんなんですがね。。。

thread: コードギアス 反逆のルルーシュ / genre: アニメ・コミック

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 畳み掛けられた! - 20 その足で identity  | h o m e |  夏のお祭りに向けて »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dfreenote.blog64.fc2.com/tb.php/15-8cfd1b0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。