09 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 11

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

理系カフェ潜入&小ネタ 


2009.07.21
Tue
03:19

  RD 潜脳調査室

週末、なんとか時間が取れたので以前から興味津々でチェックしていた
眼鏡+理系+白衣という、ステキ三拍子のカフェイベントへ行ってきました。

店内のそこかしこに立つ白衣のハカセたちは全員が眼鏡装備、
おまけにハカセへの理系相談もできるとか、濃い内容で
(完全に文系人間なせいで理解しきれてはいなさそうですが)
萌え的にもネタ的にも楽しかったです。

そのうえ「ねじまきメイド」なる、背中に大きなネジを付けた
メイドさんが給仕してくれたのには、思いきり心を撃ち抜かれましたよ。
ネジはちゃんとモーター駆動でゆっくり回っているし、
製品紹介には>超微細ナノマシンの働きで…
なんて説明もあったりして、つい色々と妄想せずにはいられない。

文化祭ノリで盛り上がっちゃう理系集団、いいですよね…


とかにやけていたら、なんの脈絡もなく小ネタが思い浮かびました。
白衣にも眼鏡にもカフェにも関係はなく、
以前ちょっと捏造設定を吐き出した季節ものです↓

※いつにも増して、オチがありません。
 なのに、なぜかナチュラルにできてるっぽいことにー(謎)


「ハル、シーツはここに置くぞ」
「ああ、ありがとう。
 せっかく家族水入らずの休暇に押し掛けて、悪いな」
「祭りの間は宿も取りづらいからな、私としては頼ってくれて嬉しかったよ。
 それに、この時期ヘタに実家で暇をしていると雑用にかり出されかねん。
 客人はむしろ好都合だ」
「それはどうも。
 ……しかし、たしかに街中じゃ祇園祭で賑やかだが、ここらでも盛んなのか?」
「いや、うちは母方が町衆でな。
 なかでも祭狂いの伯父に男子がいないせいで、昔からとばっちりを受けている」
「へえ……。そりゃ災難かもしれないけど、
 一大観光行事に携われるなんてなかなかできない経験じゃないか。
 俺には、うらやましい話に思えるよ」
「一般論としては、そう言えるかもしれんが。
 ならばいい機会だ、おまえも巻き込まれてみるか?」
「え!? ──まあ、今日1日なら空いてるから構わないか」
「冗談だ。
 だが、時間が取れるなら祭見物に出るのもいいな。たまには私も観光気分を味わってみたい」
「いいね、乗った!」

「では、ちょっと待て。浴衣を持ってきてやる」
「いやあ、そこまで準備しなくても──」
「大丈夫だ、洋服とは違って多少サイズに融通が利く」
「そういう意味じゃなくてだな……、そもそも俺は浴衣なんて着れないって」
「問題ない、私が着せてやろう」
「ああ、久島はできるのか。やっぱり土地柄かい?」
「──そんなところだ。
 なんだ、おかしな顔して。惚れ直したか?」
「そういうことにしておこう、」




京都出身で実家はいいところっぽい+子どもの頃に日本舞踊やってた、
というクッシー情報だけでここまで捏造をやらかした自分に乾杯☆

この後は目立つ浴衣の2人連れで逆ナンっぽく声をかけられるも、
華麗にスルーして祭りを満喫しちゃえばいいよ。

thread: RD 潜脳調査室 / genre: アニメ・コミック

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 確認したら100枚以上とか…  | h o m e |  ちょっとお知らせっぽく »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dfreenote.blog64.fc2.com/tb.php/153-e4e19d67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。