09 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 11

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?6【蒼天航路】 


2009.10.11
Sun
00:44

  2009春夏アニメ

どうせ感想まとめを書くならと、前から気になっていた
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の企画へ参加することにしました。


まずは>蒼天航路
※原作漫画はほぼ未読で、三国志は年季の入ったファンです。

ストーリー…2
とにかく膨大な数の人物を出して話を動かす苦労を察することはできるが、
それにしても「出しただけ」「登場即退場」扱いのキャラが多すぎた。
時間と回数が限られているのだから、人物やエピソードの取捨選択をもっと大胆にしないと
初心者は混乱するしファンも消化不良にしかならず、残念な出来。

オチの中途半端っぷりもひどい。
せめて官渡の戦いは、勝敗が決するまでやってほしかった。
中盤の呂布に割いたボリュームをもう少し抑えれば、なんとかなったのでは?



キャラクター性…3
肝心の主人公である曹操が「なんだかよく分からないけどとにかくすごい」
万能キャラで、いまいち魅力が伝わらない。
何を企んでいるのか分からないのは演出の一手法かもしれないが、
時々飛び出す斜め上の言動は面白かっただけに
一人の人格として両方がうまくブレンドされていればと、もったいなさが先立つ。
引きずられて配下(特に軍師団)が単なる生徒になっていたのも、もったいない。

ほかの主要キャラは総じて好印象。
なかでも、いいかげんさが魅力になってしまう器の劉備と
いっそ知性さえ窺わせて英雄っぽかった董卓と
群を抜いたかっこよさが鮮烈すぎた孫堅がよかった。

声優のマッチングは、序盤声を張るシーンなどで
宮野さんに不安を覚えもしたが、徐々に合っていったと思う。



画…4
全編を通じて特に破綻は感じられなかった。
合戦シーンでも、人馬共によく動いていたと思う。



演出…3
特別、可もなく不可もなく。
詰め込みまくりな内容を、よく捌いていた。

大陸風の誇張表現が似合う作品だと思うので、
もっとギャグすれすれに大げさでもよかったくらいでは。
だから、発言内容がキャラの背後に筆文字で「ばーん!」と出る効果は好きです。
「ならばよし」を主人公の決めゼリフにしようという意図も感じたが、
浸透する前に消えたのは惜しかった。



音楽…3
OPはかなり微妙。
なぜメタル(でいいのだろうかジャンル分類としては)??
まぁでも、叫びシーンが多いからそれほどミスマッチではないのだろうか…

EDのほうは、爽やかな浮遊感が意外と合っていた。
まだ野望に突き進んでいる比較的若い頃の話だからでしょうか。

サントラに関しては、特に印象に残らず。
あ、エキゾチックな踊りのときにかかる曲だけは妙に印象的でしたw



総合的な評価…2
「3」にすべきか迷ったが、こちらで。

ごくたまに斬新なキャラ解釈が光っていた程度で
曹操メインならではの独自視点もあまり感じられず、
数ある三国志作品からあえて推したいというほどの内容ではなかった。
ただ、原作をきちんと読んでみたいという願望は生まれた。



以上です。
なんか思った以上に辛口になってしまったような…
期待が大きかっただけに、いろいろと残念だったんですよ。

thread: 蒼天航路  / genre: アニメ・コミック

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 視聴計画メモ  | h o m e |  反省だらけ »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dfreenote.blog64.fc2.com/tb.php/162-bb204d1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。