09 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 11

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

戦いまではまだ遠い…らしい【ソ・ラ・ノ・ヲ・ト】5-6話 


2010.02.16
Tue
01:41

  2009-10秋冬アニメ

小出しにされた作品世界の仕組みが判ってきたところで
ついに(ようやく?)任務に従事するシーンが来るかと思えば、
ぎりぎりのラインで回避される×2


5話では、前回めでたく機能回復した戦車を使用してのシミュレーション戦→
補給と指令を受ける→行軍訓練&古代の遺物の状況確認(=遠足)と、
筋だけを追えば結構軍人っぽい行動なんですが…
なんだかんだ言って最終的には温泉ノルマ達成回だった線も捨てきれない。

「伝説の」なんて言われてるらしいクラウス少佐(だったかな?)は渋いおじさまなので、
この国の軍隊の構成員が女性のみかもという私が勝手に抱いていた疑惑は消えました。
それと印象的だったのは、砦の乙女たちが代々目にしてきたというノーマンズランドの夕焼けシーンでした。
いざ「世界の果て」とか言われちゃうと、脳内にウテナの某キャラが登場して、大変なことになるわけですがw

だいぶ第1121小隊のキャラも見えてきたところで、あらためて考えると
どうやら私はノエルとフィリシアが気に入ってるもよう。
黒いところがいい」と言われちゃうほうも言うほうも、両方ナイスだと思います☆


とか思ってたら、6話小芝居きたー

初の給料日&非番でカナタが街へ出た隙に、副業(カルヴァドスづくり)の作業を始める隊員たち。
いざ取り引きの段階で中央から来たマフィアが値段にいちゃもんをつけてきたもんだから、
「持ちつ持たれつ」いい関係でやってきた街の顔役と一芝居うってみましたよ!
ここでもノリノリの、フィリシアとノエルが楽しかった。

…で、中央からのお客さんへとどめを刺した崖の上からの攻撃に関する謎解きが、後半という構成でした。

このあたり、ちょっと木更津キャッツ☆アイを連想させる流れだったなあ。
しかもあれに比べると、時間が行ったり来たりするうえに
テンポはいつものゆったり進行なので判りづらかったのが残念。
一番のポイントである「誰が攻撃したのか?」については、
謎解きを待つまでもなく声で判るから大きな問題じゃない…と言っていいものか。

それからこの回は、街の教会で養われている孤児の女の子の
成長もしくは再生の話でもあったわけですが、
戦争で使われたらしい「見えない死神」というキーワードが知らされます。
発症という言葉が使われていたし生物兵器みたいなものかとも思うんですけど、
それとも実は核兵器で、放射線被曝のことだったりするんだろうか??


まあ、そんなこんなで深くて暗い何かが間違いなく隠されてる気配ばりばりのまま
また次回へ持ち越されてしまいましたね。
この、焦らし上手め!


thread: ソ・ラ・ノ・ヲ・ト / genre: アニメ・コミック

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« こんなSF設定の実現は求めちゃいない  | h o m e |  先々週と先週のあれこれ »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dfreenote.blog64.fc2.com/tb.php/174-35044920
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。