07 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 09

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

22話を待ちながら 


2008.09.03
Wed
00:54

  RD 潜脳調査室

基本放送前にネタバレは見ないから核心については全然なんですが、
DVD特典のオーディオコメンタリー(OPについての辺り)とか
変更前の22話サブタイとかを知ってしまうと、今夜の22話が心配でなりません。。。

あああ、21話(特に前半)のサービスぶりは直後のどん底を見越しての処置だった
とかいうことなんですか? やーめーてーーーー
orz


…と、週の頭から何も手がつかない最悪な状態なので;; 気を落ち着かせるためにも
20話と21話について、ちょっと振り返ってみようかと思います。

以下、20・21話&DVD特典&22話のネタバレあります↓

いきなりですが、霞八十郎氏の中の人が判ってる状態で
ミナモとの会話を思い返してみると、かなり意味深&不安なこと喋ってるんですよね…

見た直後はわりと適当にそれっぽい嘘八百を並べちゃえてるような
印象を受けてたんですが、実は職業や名前の件を考えると
周囲から引っ張ってきたアイデアの種を膨らませてるっぽいと知って

にわかに「久島電脳(or 義体)不適応説」が真実味を帯びてしまい、、、

だって、いくら専門分野の話でも
不適応が重なって最後のチャンス状態な人間の話が具体的過ぎますよ、ね。

義体化してるとアナウンスされつつ作中では(私が見ている分に限ればですが)
きちんとした説明がなされていないのを不思議だなとは思ってたんですけど、
久島の義体が特殊例なんだとしたら伏線になってたということなのかなぁなんて。

ただこの説のまま行ってしまうと、攫われるとかいう以前に
久島はリミットが近いんじゃないかというオチに辿り着いてしまうので
もう落ち込むしかないんですが。


そもそもオーディオコメンタリーで、OPは全26話の内容を圧縮したもの
(=OPにイメージ映像は存在しない)と宣言されたうえに
まるで人魚姫な久島パートの不吉さもさらっと肯定されてしまった時点で、
もう目をそらして不安を紛らわせることすら許されない
事実を突き付けられてしまった敗北感でいっぱいではあるんです。

人魚姫ネタもなー

古今東西、人魚が幸せになったという例はない」なんて
まさか 永一朗さん 八十郎さんの口から「人魚」って言葉が
出るとは思わなかったので、萌え以上にものすごく動揺したな。あーあ…


ただ、何回か書いてきましたが21話までの道のりを思えば
今って久島にしてみると50年分の妄執(と言われても仕方がないようなもの)が
報われて、ほとんど思い残すことがない状態っぽいので
万一ここで未来が失われても、彼的には納得できちゃいそうに見えないこともない。


それでも21話を見てしまうと、「また潜ってほしい」と波留に依頼して
せめて未来への礎となれるように、なんて謙虚ながらも前向きなこと言ってるし

何より、潜って得た成果を解析するのは久島でなければならない
書記長に言い切ってくれた波留のためにも、どんな反則技を駆使しても構わないから
生き抜いてほしいんですよー!


ああ、だけど難しいのかな…
だって22話のサブタイ(仮)、、、あれ直接的すぎ!(逆ギレ)

thread: RD 潜脳調査室 / genre: アニメ・コミック

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 絶句… - 22 静かなる海 immortal  | h o m e |  一気に観過ぎた… »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dfreenote.blog64.fc2.com/tb.php/21-5dc7a16f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。