07 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. >> 09

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

勇み足だったか… 


2008.10.04
Sat
22:58

  RD 潜脳調査室

休日にかまけて睡眠取りまくったら、いくらか脳の萌えリソースが復活しました。

で、今週後半はずっと久島とエライザのバトルっつーか対話が気になり過ぎて
いろいろ脳内で妄想を展開してたんですが…公式で既に小説が出てたんですね。。。

ああ、それじゃ無理かなぁ
今一番自分の中で盛り上がってるネタだったんで残念だけどーーー
とりあえず書くだけ書いてみて、被り具合とか捏造具合がなんとかなりそうだったら
公開を考えてみるって手もあるだろうか…でも可能性は限りなく低そうだ



全然関係ありませんが、他の皆さんがRDに合う曲として
いろいろ提案しているのを(あまり歌に詳しくないんで)興味深く見てたんですが
この間ふと思いついた「合うんじゃない?」って曲を私もご紹介。

フローズン・ビーチ」(平沢進)と「エレクトロ・ワールド」(Perfume)です。

なんというか、系統がおかしくてすみません;;
いやでも、歌詞とかすごいハマるんですよー特にフローズン・ビーチは泣ける…
機会があれば、ぜひお試しください♪


…そして、また26話を見返してたんですが
最初は落ち込むばかりだった某シーンが、回を重ねるたびに
萌えの宝庫に見えてきて困るというか、、、にやけます。


以下ネタバレによりクリック↓




別れのシーン。

あれ、本当に波留のほうは(ためらいつつも)残って久島とともに在ることを
選んでるんですね。まあ、もしかしたら沙織さんという駄目押しの効き目もあったかもですが?
いやしかし、あそこで小湊女史の名前を出す久島には苦笑しちゃうよ

それを、今まで勧誘モードだった久島が最後の最後で突き放したと。

たぶん久島としては最初から、波留を帰すつもりだったんでしょうね…
なのに誘いをかけた真意は、揺さぶりをかけて未練を波留に自覚させたかったのか
それとも単に、残るほうを選ぶ波留の姿を見ておきたかったのか。


おまけに今回も、さらっと告ってましたよ>「お前が居れば私も嬉しい」とか…
で、直後に小湊さんの話題を出すとか、慌てて打ち消してるっぽくて逆にリアルで困る。
最後の一言が泡にかき消されてる演出とかにしても
本気で恋人との別れのシーンにしか見えないんですが、いいんでしょうか。



ここからは、完全に自分目線での話なんですが;;

OP&改変前の22話サブタイ&25話での各キャラの言動なんかから合わせて考えて
久島の帰還ENDは9割方ないのかな…と、かなり悲観してました。
残りの1割に賭けつつ、せめて泡と消えるにしても
希望の持てる終わり方であってほしいと願ってたんですよ。

そのくらいちっちゃい望みにすがってた身としては、
むしろ予想外にポジティブな回答が与えられちゃったんで
遠慮なく喜んでおこうかと思ったりしています。

海に潜ればいつでも会えるんだし、最終的には76年後という約束もできたし。


ほんとに個としての意識が失われたら、喜んでなんかいられない状況ではあるんですが
でもいろいろと人間離れしてる人ですからね、そこんとこをうまく発揮して
76年後にはまた久島永一朗としての意識を具現化する程度に
根性で留めていてくれるんじゃないかと無茶な要求をしてみたり。

あと波留を帰したことについても、献身的すぎるとも思いますが
どういう形にせよまたいずれ会えるんだから
それまでは今まで失われたぶんの人生をちょっと楽しんでこいよ
、ぐらいの
余裕から出た行動とも受け取ってみたり。

そんなわけで私的に、久島は引いたんじゃなく
最後に勝ち取る瞬間を待ってるものと思い込むことにしています。
無駄に前向きという性質が、ここで生きてくるんですよ…!


ちょっと我ながら都合良く受け止め過ぎですが、
それぐらいの妄想&捏造の余地を残してくれたことに感謝したい。
まさか本気でアレな関係とか押し出すことなんてないでしょうし、
こじつけたり深読みできるレベルとしては充分過ぎましたから。


以上、痛い腐的妄想を延々と垂れ流してみました☆

thread: RD 潜脳調査室 / genre: アニメ・コミック

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« いろいろ動いてました  | h o m e |  日々乱高下 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dfreenote.blog64.fc2.com/tb.php/43-0e05893a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。