05 <<  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. >> 07

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

9・10話とキャストコメンタリーを確認しました 


2008.11.24
Mon
01:05

  RD 潜脳調査室

引き続き、じっくりBOXを見てます。


他の話もそうなんですけど、9話と10話は特に
おおまかな話の流れは解っても細かいところで、何がどういう順番で起きているのかとか
表に出ているドラマの裏側で何が起きているのか
ということが
一度や二度見た程度では理解しきれない部分があるので、もうちょっと咀嚼できたら
まとめることがあるかもしれません。

とりあえず、三者会談@9話で(ヘタこいたって負い目があるからでしょうが)
ほぼ無言のまま両肘ついて親指であごを支えてる統括部長が自分的にヒットでした。
一見すると、すねてる若者みたいだよ!
書記長と円のセリフについても、改めて見ると皮肉とか政治的意図だけじゃなく
実は本心から久島に瑕をつけたくないって部分もあったのかなあ…なんてしんみりしたり。



追記は、キャストコメンタリーと昨夜書き忘れたぶんの感想です↓







キャストコメンタリー@10話>

ぜ、全然10話の内容関係ありませんでしたね…;;
だけど私はこういった、声優さんが作品とか役に関して語ってるという音源を
あまり聞いたことがないので、ひたすら新鮮でした。

RD(というか攻殻ワールド)独特の世界観とか用語には
結局皆さん最後まで手探りのままだったというのが、ちょっと可笑しかったかな。
(銀英のアニメ版で初めて台本を目にしたとき、『襦子』をどう読むのか問題が
持ち上がったって話を思い出しました)

ただ今回はお三方の、初顔合わせだったのかとかオーディションの状況とか役作りとか
…っていう前フリ的な内容で終わってしまった感があるので、
できれば締めの言葉のように「第2弾」があることを希望したい。
で、もっと深い話とか映像に沿ったコメントを聞いてみたいです♪

しかし、そんな中味だったのにあえて言及されていたのが久島のすごさってのは
やはりそうなのかーと苦笑しつつも、頷かざるを得ないというか。
ずっと面倒を見ていたわけですからね」とか言われてたもんな…



昨夜書き忘れた、8話とBOXの感想>

ユキノ&サヤカに対するソウタの、爽やかすぎる対応に噴いた。
あの笑顔、白い歯が光ってても(めぞんの三鷹さん的表現)おかしくないよ!


『RD潜脳調査室』に関する考察[2]の、電理研のリラックスルーム部分によると
マジで温泉が設置されてるみたいです!

チャ、チャットで垂れ流した妄想も、あながち遠くなかったんだぁ
他にも「サンセットをイメージしたビーチ、和風の庭園」なんかが存在するらしいんで…
いろいろベタなネタとかが展開できそうですね。
電理研の福利厚生、おそるべし(白目)!


6巻のジャケ裏に若久島&カズネが来ましたねー
やっと登場かと思いきや去っていく後姿とは、出し惜しみしやがって…!

thread: RD 潜脳調査室 / genre: アニメ・コミック

trackback(0) | comment(0) | 記事編集

go page top

« 白雪姫をさがせ? HAPPY HALLOWEEN PARTY(2) 【RD】  | h o m e |  中途半端な途中経過 »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://dfreenote.blog64.fc2.com/tb.php/64-b0679d8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。